他のアカウント

Mixi Twitter
無料ブログはココログ

アメブロに移転しました。

アメブロに移転しました。

111~その一歩が踏み出せるか。。。

なりゆきで12月に改良キーボードのビジネス展開とセミナー講師デビューという目標をしばらく前に掲げておりました。

改良キーボードはキー配列の改良も進み、入力しやすさを自分でチェックしている段階ですが、起業塾でも簡易的ですがプレゼンしたりそれなりには進展はしています。
もう一方のセミナー講師ですが、先日は会議室も確保出来ることになったのに後一歩が踏み出せないのですよねぇ。
どうしようかと思い考えていたら気になる並び数字が目に入りました。
まずラーメン屋での夕食の会計のレジで「111」が表示されたのです。
1111
その次にテレビ画面の時刻で「1:11」が表示されているのが目に入り、さらには翌日の出勤前に立ち寄ったドラッグストアーでもレジで「111」が表示されたのです。
1112
ここまで続くと何かメッセージ性でもあるのではないかと思い、お約束の(^^;)エンジェルナンバーを調べてみました。
【エンジェルナンバー111】

エネルギーの通り道が開きました。

あなたの思考はすばやく現実となります。

この時期、思考を賢く選ぶこと。

思考が願望と確実に一致したものであるようにしてください。

恐れには一切エネルギーを費やさないように。

そうしないと、それが現実化してしまいます。

うーむ、これはちゃんと想いを実行しなさいと暗に言われているような。。。
ここまで背中を押してくれるのだったら、やっちゃますかセミナー!
まだ悩みつつながらも、もしかすると後ほど告知するかも知れませんので。
<<Described with TW Keyboard>>

Dive to Splash!~悦びの世界へ

昨日ディズニーランドでスプラッシュ マウンテンに乗っていた時のことです。

少し思い考える事があって、アトラクションに完全に気持ちが入れません。
そんな中、あるメッセージが目に飛び込んできました。
それは「ラフィン プレイス」”お笑いの国”を目指すと言うアトラクション内のメッセージです。
私はその言葉によって心が軽くなることを感じました。
何事も深刻に考える必要はないんだ、目の前に起こることを笑いと共に自分の中に迎え入れればいい、そう再認識出来る様になれたのです。
”笑い”は心を開きますね (^-^)
Splash
Dive to splash!
Dive to myself!
自分の中に飛び込めー!
(あ、私の顔が隠れているぅ 汗)
<<Described with TW Keyboard>>

まさかの777!まさかのツインソウル???

ちょっと人間関係でこの先どういう繋がりがあるのか気になることがあり、ふと何かヒントみたいなメッセージでも現れないかなと思い浮かんだのです。

例えば「333」だと3が3つでミサとかみたいに、何て考えたりしながら餃子の王将で食事。
食べ終わってレジで会計をしたところ、自分の目を疑いました。眼前にメッセージが現れたのです!
777
777、スリーセブン。。。
この数字の語呂が思っていたことと繋がり、まさにシンクロ感を味わいましたが、
それってまさかのツインソウルと出会えるってこと!?
人生は、望んでいたものを絶妙なタイミングで引き寄せる… by 虹ノ龍 (^-^)
<<Described with TW Keyboard>>

1ミクロン向こうの世界~めちゃくちゃ幸せ感に溢れてる♡

思い考えるより先に四の五の言わずに感覚的に行動をするようになっていくと、心の奥底の中に眠っていた夢がひょんなことから叶ってゆく。

思いもよらない形で幸せな出会いをしてゆくと、どんどん思考の枠に留まらなくなり、さらに自分が広がってゆく。

重くのしかかっていた心の蓋を開けるような感覚で、溢れ出てくる自分らしさに従うままでいる心地よさ。

信じるという行為だけでは全然足りない。それは、もう何も疑わない、ということ。

信じようとするのではなく、ただ疑うことを知らない。そうあるだけで現実が光り輝いてくる。

真実は、自分のほんの1ミクロン先に待っているから。

自らを飛び越えてみる。1ミクロン向こうの世界へ。。。

覚書~意識の主従が私の中で逆転する時

兎に角、記録を留めなくては!と思い立ってこの記事を書いています。

と言っても、今となってはそれが何だったかを思い出すとが出来ない。。。

何のことかと言うと「潜在意識」と「顕在意識」の主従関係についてで、私は顕在意識が潜在意識に働きかけるものとばかり思っていたのです。

あー、思い出しました。先週号のビックコミックに連載の星野之宣氏の「レインマン」という作品を読んだことで私の認識が変わってしまったのです!

人工知能の研究がテーマで、脳の認識のことについて書かれていたのですが、それは「潜在意識」は「顕在意識」より0.5秒早く認識しているということです。逆に言えば顕在意識は潜在意識より0.5秒遅れて認識しています。

例として、ボールが自分に飛んできて、それを手で取ろうと顕在意識が考えるより早く、潜在意識は行動を起こすための命令を手の運動神経に送っているのです。

そして、脳はその0.5秒の時差を補正して、あたかも0.5秒前から顕在意識が考えていたかのように錯覚をさせることまで行います。

脳の補正機能は別に珍しいことではなく、例えば白っぽい対象をより白く脳は視覚として認識しようとするので、カメラには画像の見た目が肉眼と変わらないように脳と同じような補正を行うホワイトバランス機能をあえて付けています。

しかし、時間のずれまでも補正する機能があるのは驚きでしたが、考えれば確かに納得がいきます。

視神経と聴覚神経には伝達速度に差があるのに、人が目の前にいる話し手の口の動きと話し声にずれを感じないのも脳が時間補正を行っているような話もレインマンでは書かれていました。

いずれにしても顕在意識は潜在意識より遅く認識しているという事実。。。

潜在意識が潜在意識に働きかけを行うということは、顕在意識は主体的に演じているように感じてはいるがあくまでもそれは錯覚なのでしょう。

願望実現などで、顕在意識から潜在意識に働きかけを行うような手法も本には書かれていたりしますが、それ自体も潜在意識がすでに0.5秒前に指示を出していたと言うことであるなら、自らが思考でコントロールしようとすること自体が無意味であるのではないかとの気付きがあったのです。

「我々はあたかも自分でリアルに考えているように錯覚させられている…」、そんな疑念さえ浮かんできますし、そしてそのことは真実なのかも知れません。

そんなことを思うようになり、自分の自意識というものを抑えてみる方向にシフトすることにしました。

そうしましたら今まで見えなかったものがふと理解できるようになったと言うか、研ぎ澄まされて閃きが得られやすくなったようなことが直ちに現象として起こり始めてきたのです。

具体的には自分が独自のアイデアで考案した改良キーボードの配列についてです。

ふと、文字の配置が気になって、よくよく見てみると位置の見栄えが優先になっていて、実用的な面が少し疎かになっていたことに気付いたのです。早速、配列を改良して効率的な文字入力が行えるようになりました。

これは瞑想で気付きを得ることに近いと思われます。

ただ流れに身を委ねる、ふと出てきた想いに従って動く、それが案外、自分が心からやりたいことに繋がっていくのではないだろうかということがリアリティーを持って感じられるようになりました。

でもそれは、意識的であるかどうかは別にして、これまでだってそうだったし、これからもそうであることは変わらないのでしょう。

(上記の潜在意識より顕在意識が0.5秒遅れることを証明したベンジャミン・リベットの実験については、為末大氏もブログの記事にしております。「誰が私を動かしているのか」)

脳のインプットからの観点としては、視覚、聴覚、触覚、味覚、痛覚、それぞれ脳への伝達速度が異なるのに、それがずれもなく今この瞬間に起こっていると感じている自意識は時間補正システムでデータ構築された過去に起こった出来事であり、厳密には幻であると言えます。

アウトプット的には、行動や思考は顕在意識より先に潜在意識が行っているということ、自分にとって意識の主従関係が逆転してしまったのですが、それを如何に自覚して生きていけるのが私の関心事となりました。

「いま、ここ」を感じるということは、あくまでも過去がイメージされた潜在意識にフォーカスするのではなく、実は超認識的な感覚を持つということなのかも知れませんね。

その考えに触発されて、ブログタイトルも「認識を疑っちゃえ~♪」に変えましたとさ (^^;)

1・2・3・4・5 Get ♪

私のブログ「虹ノ龍☆Presents」のカウンターが「12345」のキリ番となりました♪

ストレートをゲットです!(^-^)
ブログは破壊と再生を繰り返しているので(^^;)開設時からの数字ではないのですが、このタイミングで見るということは何か意味があるのかも知れないし、たまたまかも知れない。
でも少なくともブログのネタには使えました♪
ご縁に感謝です(*^^*)
12345

陰謀論を乗り越えて~イルミナティに対してバシャール

ここ数日はテロ自作自演の話題に熱く興奮して(^^;)、FBで関連記事をアップしたりシェアしていましたが、これも私の内面が引き寄せているということなのでしょうねぇ。
陰謀論に反応してしまう私の内面とは?本当に平和な世界の実現を望むのであれば果たしてどうのような心持であるべきか!?
それについてバシャールが語っています(何度も観てはいるのですけど…)。
ではこれからの私は、地球に平安の波動が広がっていくイメージを持つようにいたします♪
怖れに満ちた無意味な考えでは、古い時代の終わりを乗り越えられません。
皆さんに力を取り戻し、さらに、彼ら(イルミナティ)が怖れから行為するのではなく、本来の姿になれるように彼らにも力を与えてあげてください。
皆さんは、常に異なるパラレル・リアリティの間を移行しています。
どんな波動の状態を選択するかが、最終的に経験するパラレル・リアリティの地球になります。
一方で自分に力を取り戻すことに意識の焦点を集めれば、イルミナティのような人々が存在しない別の地球を経験するのです。
望む世界に移行するのには、自分のエネルギーを望む世界と同調させて、怖れを招き入れるようなことを止めることです。
他の人の意図に影響されることはありません。
その可能性を信じたり、選択したりしない限りは。。。
by バシャール

ブログ新装開店♪

「22年間で11社に勤務経験の転職スペシャリストによる”天職”コーチング」というテーマに絞ったブログに新装開店いたしました。

Call meのコーチを目指していく中で、順次、転職や仕事関係の記事をアップしていきたいと思います (^-^)

メイズランナー~自分の意思で迷路から抜け出そう!

特に観る予定があったわけでなかったのですが、今年の6月に映画「メイズランナー」をたまたま時間が空いたので観ました。
少年たちが迷路を脱出するということくらいしか事前情報はなかったのですが、正にこの映画を観るタイミングだったのだったのだとの気付きが鑑賞後に得られたのです。

その気付きとは、「自分の進むべき道が見えたら、躊躇なく突き進む。例え危険が待ち構えていたとしても」ということです。
あの映画から背中を後押しされたこともあって、自分の心の指針に従った行動を取るkとおを心がけるようになりました。
そして、今回、続編の「メイズ・ランナー2: 砂漠の迷宮」を観ました。
新たな登場人物の一人が重要な役で脱出のための道しるべを示すことに繋がるのですけど、その人物の名が「Aris」と聞いて唖然となりました。それは私のHigher Self名と同じではないですか!
道しるべを示す者がHigher Selfと同じ名前なんて、これはもう偶然とかではなく、この映画を心して観るようにとのっけから言われているような感じを受けました。
そして正にこの続編もさらに私の背中を後押しするようなストーリー展開でありました。
自分だけが助かるような損得ではなく、仲間と助け合って目的に向かって進んでいくことの大事さが伝わりました。決して自己犠牲に陥ることなく、、、。
第三部もあるようなので、また楽しみにしたいと思います。
(ホラー的な要素やビックリさせるようなシーンもちょこちょこあって途中ちょっとハラハラドキドキしましたが、刺激的なメリハリも人生の醍醐味ではあるのでしょうけどね。)

«受け入れたもん勝ち♪